言いたいことを100%忘れずに言える人はいません

話をし終わった時、

「あっ!あれを話すのを忘れた!」と思ったこと、ありませんか?


「せっかくこの話をしようと思ってたのに…」と思い、

悔しくなったり、落ち込んだりする方もいらっしゃるかと思います。


そうなんですよね。

どんなに準備をしていても、原稿を読むわけではありませんから

言おうと思っていたことを全て話すことって、

ほとんど無理なんじゃないかと思います。


私もそういうことはよくあります。

「あ~これを言わなきゃ意味が伝わらないのに…」

ということも、しょっちゅうです。


でもね、これは普通のことなんじゃないかと思います。

もちろん、思っていることを全て話し切ることができたら、

それはもう、本当に素晴らしいです!

自分をほめてあげてください!


だけど、いくつか話すことを忘れてしまったとしても、

話が普通に終わっていたんだったら、大丈夫。

無意識のうちに、この話はいらない、と

話す瞬間に思ったのかもしれません。


それに聞いている方は、

あなたが話すはずだったことを話し忘れたことには

そもそも気が付きません。


もちろんその話があったら、

さらによくわかってもらえたかもしれませんが、

別になかったからといって、問題はないのです。


だから大丈夫です。

「あ~また話そうと思ったことを忘れちゃった…

やっぱり私は人前で話すのが苦手なんだ」

なんて思わずに、

「まぁ、忘れたこともあるけど、まずまずだったな」

と、ペロリと舌を出しましょう。


完璧な人なんていません。

話そうと思ったこと、実際に人前で話せたことが大切です。


…と、私も自分に言い聞かせて

今日も話をしています(^^)

Shabe Labo ~しゃべらぼ~ ただ今準備中です

あなたらしい話し方をみつける実験室・Shabe Labo へ ようこそ! 「これから起業したい…」 「セミナーを開きたい…」 「教える仕事をしたい…」 「自分の想いを伝えたい…」 そんな想いを持っている皆さんを、 元フジテレビアナウンサーの松井みどりがサポートします

0コメント

  • 1000 / 1000